WEB予約(24時間受付)
Line予約(24時間受付)
コラム全般

イソトレチノインとは?ニキビへの効果と副作用、値段について

イソトレチノインとは

イソトレチノインは、ビタミンAを基にした医薬品で、主に重度のニキビ治療に用いられます。この薬は皮膚の脂(皮脂)生成を抑え、毛穴の詰まりを減らすことでニキビの形成を防ぎます。また、皮膚の再生を助け、既存のニキビを治癒させる効果もあります。しかし、妊娠中の女性や肝機能に問題がある人には使用が推奨されていません。

海外では、ニキビ治療に対して有効な薬として推奨されていますが、日本ではまだ未承認のため保険適応外となっています。

イソトレチノインの商品名はアキュテイン、ロアキュタンなどが代表的です。
※商品名は異なりますが、いずれも同じイソトレチノインを主成分とした薬です。

イソトレチノインの効果

イソトレチノインは、ニキビの治療において非常に効果的です。特に、他の治療法で改善が見られなかった重度のニキビに対して顕著な効果を発揮します。皮脂の過剰な分泌を抑制し、毛穴の詰まりを減少させることで、ニキビの形成を防ぎます。また、皮膚の再生を促進することによって、既存のニキビがより早く治るとされています。

・アクネ菌に対する抗菌作用
・抗炎症作用
・皮脂腺を縮小して皮脂の分泌を抑える作用
・毛穴を縮小させる作用

どういったときにイソトレチノインを治療に用いるのか

イソトレチノインは、通常、他の治療法で効果が見られない重度のニキビに対して用いられます。患者の状態によって異なりますが、中程度から重度のニキビで、特に炎症を伴うタイプのニキビに対して効果的です。

イソトレチノイン服用中にレーザー脱毛を行ってよいか

イソトレチノインを服用中は、レーザー脱毛を含む特定の皮膚処置を避けることが一般的に推奨されます。

イソトレチノインは皮膚を敏感にしたり、服用中に肌の乾燥を招きやすい薬です。そのため、レーザー治療による皮膚へのダメージが通常よりも大きくなる可能性があります。治療を検討している場合は、必ず医師に相談し、適切な指示を受けることが重要です。

イソトレチノインの服用期間

イソトレチノインの服用期間は、患者の状態やニキビの重度によって異なります。一般的には数ヶ月間の服用が必要とされていますが、個々の状況により医師が服用期間を調整することがあります。

イソトレチノインについての国際的コンセンサスでは、
イソトレチノイン療法はニキビが完全に消失するまで続ける必要があると言われており、
一般的には6ヶ月程度を目安に服用を行いますが、仮にそれでも完全に治癒していない場合には、さらに継続して服用を行います。

イソトレチノインは服用を辞めた後にどうなるのか

イソトレチノインの服用を停止した後、多くの患者はニキビの顕著な改善を経験します。

しかし、一部の患者ではニキビが再発することもあります。再発した場合、再度治療を開始するか、他の治療方法に切り替えることが考慮されます。

治療の長期的な効果を維持するためには、健康的な生活習慣の維持が重要です。

イソトレチノインの値段

イソトレチノインはまだ日本では保険適応されておらず自費診療で購入するしかないためクリニックによって値段は様々です。

相場としては1錠500円~1000円(月額1.5万~3万円)程度で処方されるケースが多いようです。



藤田 朋大先生

当記事の監修医師
藤田 朋大先生

三重大学医学部医学科卒業後に南勢病院精神科に在職。緩和ケア研修会修了。認知症サポート医

関連記事